エアコンから出るカビは赤ちゃんに悪影響です。

赤ちゃんとエアコンの関係

エアコン内のカビが、エアコン本体からカビを部屋中にまき散らしてしまいそのカビを吸い込むと、咳などの原因になり、最悪の場合はアレルギーや喘息、肺炎になってしまう人もいます。

とくに赤ちゃんや小さいお子さん、体の弱い人がいる家庭では注意が必要です。出産後赤ちゃんが自宅に帰って来る前にエアコンクリーニングをおすすめします。

エアコンから出るカビが赤ちゃんに悪影響を及ぼす理由

エアコン内部のカビは、さまざまな健康問題を引き起す可能性があり、特に赤ちゃんには以下の3つの理由で悪影響を及ぼすことがあります。

免疫系への影響

新生児(赤ちゃん)は免疫システムが未発達であるため、カビが生成するアレルゲンに対して非常に敏感です。これにより、アレルギー反応や呼吸器系の疾患が引起される可能性が高まります。

呼吸器系への影響

カビの胞子は空気中を漂い、新生児(赤ちゃん)の敏感な呼吸器系に入り込むことがあります。これにより、喘息や気管支炎などの呼吸器系疾患を発症しやすくなることがあります。

睡眠の質の低下

カビのニオイやアレルゲンにより、新生児(赤ちゃん)の睡眠が妨げられ、十分な休息が得られないことがあります。睡眠不足は成長と発達に悪影響を及ぼすことが知られています。

なぜカビ臭くなったのか?

エアコンがカビ臭くなる主な原因は、使用中に内部のコイルや排水パンに水分が溜まり、これが乾燥しきれずに残ることです。この湿った環境はカビの成長に最適な場所となり、時間とともにカビが繁殖し、特有の臭いが発生します。また、定期的な清掃やメンテナンスが行われていない場合、この問題はさらに悪化する可能性があります。

新生児(赤ちゃん)を迎え入れるまでにしておく対策

新生児を迎え入れる前に、以下の対策を講じることで、エアコンからのカビのリスクを最小限に抑えることができます。

定期的なエアコンクリーニング

エアコンクリーニング内部洗浄

ダスキンが行う、プロのクリーニングサービスを利用して、エアコン内部のカビやホコリを徹底的に除去しましょう。これより、カビの発生を抑制し、空気の質を改善します。

フィルターの定期的な交換または清掃

エアコンフィルター

エアコンのフィルターは、定期的に清掃することで、カビの胞子やその他のアレルゲンの拡散を防ぐことができます。また、必要に応じてフィルターを交換することも重要です。

適切な湿度の管理

室内の湿度を適切に管理し、カビが繁殖しやすい高湿度を避けることが重要です。湿度調整器や除湿機を使用することで、理想的な湿度を維持することができます。

エアコンクリーニングお問合せフォーム

エアコンクリーニングに関するお問合せは、下記のフォームよりお気軽にお問合せください。

    必須お名前

    必須住所

    必須メールアドレス

    必須電話番号

    必須エアコンの種類

    任意お問い合わせ内容

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されています。Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。